有料老人ホームでの入浴のサポート

有料老人ホームでは、入居者のお身体の状態に合わせて入浴のサポートを受けられるサービスが充実しています。お風呂に入ることは、日本人にとって一日の楽しみでもあります。お風呂に入ることで、緊張していた体の筋肉がほぐれ、リラックスすることができます。介護が必要になった高齢者も、お風呂に入ることは人生の楽しみの一つです。有料老人ホームでは、お身体の状態似あわせて入浴をスタッフがサポートしてくれます。介護が必要でない入居者であっても、高齢者に合わせたバリアフリーの浴室となっています。共同浴場には手すりが付いているため、入浴の際の手助けになります。

手すりがあることによって、高齢者の方も安心してお風呂に入ることができます。介護が必要な入居者は、一週間に3度の入浴サービスが一般的です。浴室はお身体の状況合わせて幾つもの浴室のタイプをご用意しています。重介護者の方の場合は、車椅子のままお風呂にはいることが出来る設備を完備しています。お風呂に入る時には、スタッフが安全を第一にお風呂に入ることをサポートします。介護を受ける側の心理的負担を考慮して、男性の入居者には男性スタッフが、女性の入居者には女性スタッフがつくので安心です。介護向けの浴室は、技術開発によって様々な体の問題を抱える方に対応できる新しい設備が開発されています。有料老人ホームでは、それらの設備をいち早く導入し、入居者の方々が快適に暮らすことができるサポートを行なっています。また、重介護者の場合、体の調子がすぐれない場合には、お風呂に入ることが困難な時があります。そのような時であっても、スタッフが入居者の体を清潔に保つためのサポートをしてくれます。お風呂にはいることができない日は、体を綺麗なタオルで拭いたり、足湯のサービスを利用することができます。体をタオルで拭くだけでも体がさっぱりし、頭がスッキリと冴えるのでおすすめのサービスです。

有料老人ホームでは、入居者の健康と安全、そして快適な生活を維持することをモットーとしています。老人ホームで働くスタッフは、ホスピタリティに満ち溢れ、入居者の方々の快適な暮らしをサポートします。スタッフによるサポートは、入浴の際のサポートだけではありません。食事の介助を行います。食べることは生きることの楽しみにつながります。重介護の入居者の方に対しても、ベテランのスタッフが適切な食事の介助を行い、快適な暮らしをサポートします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*