Rss

有料老人ホームへ入居する際に必要な費用の内訳

有料老人ホームへの入居を検討されている方にとって最も気になることが入居する際に必要な入居費用のことです。具体的にどのようなものが必要であるか、理解されていない方も多いと聞きます。入居するにあたり入居一時金が必要となります。入居一時金とは入居する際に事前に納めるお金のことを言います。賃貸マンションや賃貸アパートにおける敷金にあたります。いくら納めるのかは入居する有料老人ホームによって大きく異なります。数十万円のものから数百万円、数千万円単位となるところもあります。充実したサービスを受けることができるところや豪華な造りになっているところでは、高額な入居費用を要する場合があります。

金額に大きな差がありますが、どこの有料老人ホームへ入居するにも入居一時金というものが発生します。入居一時金は5年償却となる場合が多く、5年以内の退去となれば、諸々差し引いた差額が返還されるようになっています。その入居一時金の他には、毎月の入居費用を納める必要があります。これは家賃にあたります。毎月の入居費用は豪華なものであっても、それほど大きな金額差はなく、どこの有料老人ホームに入居したとしてもそれほど大きなものではありません。とはいえ、毎月十万円以上となる場合がほとんどです。その他には食事代があります。毎月の支払いは15万円近くになるのが相場であります。それだけの金額を支払うとなると通常の年金生活者の収入では到底困難です。富裕層の方にとっては支払い可能な金額でありますが、年金生活者は子供の支援を受けて入居される場合がほとんどです。持ち家など財産を処分して入居される方も多くいます。そこまでしてでも有料老人ホームへの入居を希望される方は多いのです。近年は、更なる入居を希望されている方がより入居しやすいようにと、入居費用をかなり低く抑えたものが登場しています。入居一時金なしという有料老人ホームも登場しています。

毎月の入居費用と食事代のみというところも近年は増えています。大半を占める年金生活者や低所得者、生活保護を受給されている方をターゲットとしたものです。建物は木造アパートのような簡素な造りとなっています。食事も決して豪華なものとは言えないものが提供されます。それでも毎月の入居費用が十万円以下での入居が可能となっているため、このような有料老人ホームには多くの方が入居を希望され、多くの方が入居されて生活しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です